FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
4-1「無疱疹性帯状疱疹(ZSH)の不全ハント症候群」と「ベル麻痺」の識別、抗ウイルス剤治療について…
 「不全ハント症候群」のことが少し気になりましたので調べてみました。

 私の場合は初診時に「ハント症候群」と診断されて、すぐに抗ウイルス剤とステロイド剤の治療を開始できましたが、ハント症候群では顔面神経麻痺を発症した時点で、はっきりと症状の揃っている「完全ハント症候群」は60%に満たないとされています。耳や口中の帯状疱疹は顔面神経麻痺に遅れて現れることがあり、麻痺発症後3日間は特に、最長2週間は観察が必要です。

 また、めまい・耳鳴・難聴や帯状疱疹が出ない場合もあり、これらを「不全ハント症候群」と称しています。医学書等によると、ハント症候群のうち最終的に帯状疱疹が出たものが全体の約80%、めまい・耳鳴・難聴等が現れたものが全体の約70%とされています。

 こうしたなかで、帯状疱疹が遅れて出る場合や、帯状疱疹が出ない「無疱疹性帯状疱疹(ZSH)の不全ハント症候群」と「ベル麻痺」の早期診断、識別が重視されています。

 顔面神経麻痺全体の60~70%を占める「ベル麻痺」は近年、単純ヘルペスウイルス1型:HSV-1(Herpes simplex virus type 1)の関与が示唆されていますが、臨床的診断により「ベル麻痺であろう」とされたうち、約20%は「ハント症候群」といわれています。この20%の多くは「無疱疹性帯状疱疹(ZSH)の不全ハント症候群」だと思われます。

 帯状疱疹ウイルスによるハント症候群か単純ヘルペスウイルス1型が関与するベル麻痺であるかは、ペア血清によるウイルス抗体検査でおよその判断ができますが、検査センターや病院の状況、検査回数等(初診時の血清検査で判定できた場合や、複数回の比較での判定等)により4日~3週間と時間を要し、結果的にハント症候群としての治療が後手に回ることが懸念されています。
 最近は発症早期でも、唾液(咽頭ぬぐい液)からのreal time PCR法(polymerase chain reaction)による診断で、無疱疹性ハント症候群(ZSH)の検索が可能になったようですが、保険適用外で全国どこでも検査できるものではないため、一般的には行われていないようです。(PCR診断は先に流行った新型インフルエンザの時にも使用され、簡易キットによる検査でA型インフルエンザウイルスが検出された場合、新型インフルエンザウイルスだと確定する必要がある場合に使われた診断法です。)
 現状では、帯状疱疹が出ていない場合、第八脳神経(聴神経)の障害である、めまい・耳鳴・難聴等の聴覚障害の有無により、ハント症候群を疑うようですが、前出のように、この症状が出る人が約70%とされ、個々の患者によって症状の現れ方や強弱の差が大きく、診断を困難なものにしています。

 それでは帯状疱疹ウイルスによる「ハント症候群」と単純ヘルペスウイルス1型が関与する「ベル麻痺」の治療の違いは何かというと、抗ウイルス剤の投与量の違いであるようです。
 通常の適応と用法は、抗ヘルペスウイルス剤の内服としては、アシクロビル錠(商品名:ゾビラックス錠)の場合、ベル麻痺で200mgを1日5回(計1000mg)、ハント症候群で800mgを1日5回(計4000mg)とされ、塩酸バラシクロビル錠(商品名:バルトレックス錠)の場合では、ベル麻痺で500mgを1日2回(計1000mg)、ハント症候群に対して1000mgを1日3回(計3000mg)とされていて、5~7日間の服用となっています。

 「ベル麻痺」のなかでハント症候群の可能性が疑われる場合の治療は、病院によって対処の仕方が違うようです。
 ステロイド治療を中心とする病院、ベル麻痺に準じた抗ウイルス剤とステロイド剤を使用する病院、どちらかはっきりするまではハント症候群に準じた抗ウイルス剤とステロイド治療を行う病院…と、さまざまなようです。

 もちろん個々の患者の年齢や病歴、糖尿病や腎障害の有無、副作用等も十分に考慮しなければなりませんが、患者側からすれば、ハント症候群の疑いが少しでもある場合には、最初からハント症候群に準じた抗ウイルス剤とステロイド剤の投与をして様子を見たら良いのでは…?とも思ってしまいます。

 釈然としない気持ちで調べてみると、「ベル麻痺(ZSHを含む)に対して抗ウイルス剤を使用するには、その一部に帯状疱疹ウイルス、単純ヘルペスウイルス1型の関与が明らかであること」という、保険適応上の定義や解釈の問題等もあるようです。

 ハント症候群であった場合、発症から1週間が抗ウイルス剤の有効な期間であり、特に発症3日以内に抗ウイルス剤の治療を始めることが重要とされています。ウイルス検査ではっきりさせている間に、治療の機会を逃してしまうような場合もあるのでしょうか…?

 「ベル麻痺(特発性片側性末梢性顔面神経麻痺)」の定義そのものが除外診断で、最終的に原因が特定できないものがベル麻痺とされます。そうであるならば単純ヘルペスウイルス1型が関与している顔面神経麻痺は、ウイルス性顔面神経麻痺として、ベル麻痺とは別な扱いにした方が良いように思います。

 インフルエンザウイルスが全国の医療機関で、保険適用の検査キットにより、その場でA型B型かが識別できるように、ウイルス性顔面神経麻痺の診断としてreal time PCR法が(真に有効であるならば)保険適用になり、帯状疱疹ウイルスか単純ヘルペスウイルス1型かを早期に検査するシステムが全国レベルでできればと思います(あるいは検査キットが)。

 同時に、ハント症候群が疑われる場合(グレーゾーン)の実状に合った、抗ウイルス剤とステロイド剤治療のガイドラインを提示し、患者にとって最も有益な治療をしていただきたいと願います。

スポンサーサイト
[2010/04/22 22:18] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。